blogブログ

鼻腔共鳴で悩んでいませんか?

Hello Belters!! 昨日、バスケットボール界のレジェンド、KOBEの突然の悲報にアメリカ中が打ちひしがれています。私もさすがにショックで、人生を考え直しました。人はいつ死ぬか分からない。私は自分の人生をフルに生きられてるか?自分のポテンシャルを最大に使って世の中に貢献できているだろうか?と深く深く自問しました。 一方で、同じ日の夜、Billie Eilishが18歳という若さでグラミーの主要部門を総ナメにするという1981年ぶりの快挙を成し遂げました。歌だけでなくありのままの自分で生きる彼女のスタイルは「自分らしく生きる」今の時代のニーズを象徴しているように思います。グラミーでのパフォーマンスも圧巻でしたね。私はビリーのような魂から歌を歌う芸術性の高い歌手が好きなので、ボイストレーニングも自分らしさと才能の解放にフォーカスして教えています。
【今日のレッスン後記】

さて6期生、伸びてます!ものすごく伸びてます!もうレッスンするのが楽しすぎる!
This is me をベルトできる人
Into the unknownをベルトできる人 ワンボイスマスターコースが始まってここまで2ヶ月、計4回のレッスンが終わりましたが、「Ebを地声の響きで出せるなんて無理だと思ってたのに」と、受講生それぞれが自分の課題を乗り越え、限界を書き換えることができています。

さて、今日はちょっとだけ鼻腔共鳴についてのお話をしようかな。

日本で高音のボイストレーニングというと、裏声から声帯閉鎖を入れるトレーニングと、鼻腔に響かせて発声する「鼻腔共鳴」が主流だとよく聞きます。インターネットでも、鼻腔共鳴や声帯閉鎖というキーワードは多く検索されていますね。

でもね、鼻腔共鳴からのトレーニングが良く分からずに悩んでる人がたくさんいるようです。
「喉の力みが取れない」「1つの声しかできない」「ボイトレスクール全員同じ声で怖い」 今日のクライアントも、15年以上歌っているシンガーさんで、ボイストレーナー。前回のベルティング発声法WSに来ていただいて、たくさん質問をしてくれた方です。そんな彼女との会話の中で、鼻腔共鳴というキーワードが出て来ました。

「昔から自分の声が好きになれなくて、録音を聞いて気づいたのが、英語の歌を歌っても音が日本人ぽい。そんな声の性質が気に入らなくて。その原因が、鼻腔共鳴だってわかりました。でもリベルティング発声法の声の出し方を使うと英語っぽくなる。」

だって!鼻腔共鳴で悩んでいる人で、同じような悩みを抱えている人はいませんか?

今日もレッスンでは、ポンポンポーンと高音の悩みを解決し、発声についておしゃべりしていました。
多分、一般的なトレーニングでは、今日のこの悩みを解決するまでに、何ヶ月も何年もかかるんだろうなと。ワンボイスマスターコースではそんな発声の悩みを、一言二言で解決していきます!人が本来の声を取り戻し輝いていく様子を目の当たりにするのは本当に楽しい! 私ね、本当に不思議に思うんだけど、何でみんな鼻腔共鳴や裏声ミックスを何年もやってるんだろう?何だかもう日本のボイトレの感覚が分からなくなって来た。。。
知らないのかな?ベルティングのこと。高音の悩みは解決できるっていうこと。誰でも自由な歌声を手に入れることができるっていうこと。自分の可能性を信じられないから、「そんなことあるわけない」って欲しいものを掴めないでいるのかな? もしそうなら、幸せになる許可を自分に与えてあげてね。歌が歌えるようになっても良いんです。上手くなって良いんだよ。その価値が自分にはあるんだと。そう思えたら、自分に必要なものを自然と選べるはず。

鼻腔共鳴や裏声から発声を整えている方で、いまいち良く分からない方、高音に悩みを抱えている方は、2月20日、22日のワークショップにぜひお越しください!

それでは、今日はこのへんで!

Love  yourself, Love your Voice.
REBELTING代表 Chico

ベルティング発声法ワークショップ受付開始しました↓

\2020年帰国レッスン情報/
【ベルティング発声法ワークショップ】
東京渋谷
2月20日(木)17:00-19:00
2月22日(土)18:00-20:00
¥9000-
お申し込みはこちらから
https://chicosbelting.com/workshop.html

【アーティストの為のマインドワークショップ】
東京渋谷
2月23日(日)時間未定
¥15000~¥73000
受付開始までしばらくお待ちください。

【対面レッスン】
東京:2月20~26日
大阪:2月27日・28日
60分:5万円
メールでお申し込み承ります
info@chicosbelting.com
件名に「対面レッスン」と明記ください。