blogブログ

Belting Tips 11: 自分の限界を決めないこと

Hello Belters!! ロサンゼルスよりREBELTINGのChicoです!

少し精神論ですが、


歌を歌うことやベルティング習得にはやはり心や意思が不可欠。
さらにその後のレベルアップにも大切な事なのでマインドのお話を今年一番のTipに選びました。




ベルティングの基本は「信じること」。



喉を締めたり張り上げたり、力を入れなくても楽に高音が出ると信じること。


そして信じることと同じ位大切なことが



「自分の限界を決めないこと」




「OK、じゃあ決めないでやります!」と思っても、

人は誰でもまだまだ無意識にリミットを掛けてしまっているものです。


「喉を開ける」「リラックス」「楽に」と言っても
レベルが1から10まであります。



私は常に10の話をしていますが、
5で達成感を感じる人もいるでしょう。



実際私が本場ロサンゼルスでベルティングを習得した時もそうでした。




ベルティングを習得した直後の脱力と

1年後の脱力では雲泥の差。


ではどうやって究極の脱力やベルティングボイスを見つけていったかというと、

レッスン内容を何度も聞き返して新しい課題を見つけ、


ひとつひとつ克服していきました。


ベルティング習得に必要な基本的な事はレッスン中に全て伝えているので、


些細な事まで聞き逃さないで下さい。


そして内容をしっかりと消化して、


自分の体ではどう使いこなすか探求すること。



上達する毎にレッスン内容から新しい発見があり
ベルティングにどんどん磨きがかかるはずです!


自分の能力を信じてどこまでどん欲に求め続けるかで


どこまで得られるかが決まります。


この発声法を使うと日本人の私たちでも
アギレラやビヨンセ、アリアナ並みに歌えるようになるということを忘れずに。


自己練習を続けていきましょうね:)




REBELTING
Chico.