blogブログ

【必見】高音に悩んだ現役ミュージカル女優が語る「とんでもない発声法」とは?

某有名歌劇団を経て大手芸能事務所に所属し、現在も現役のプロとして活躍するミュージカル女優さんへ、ワンボイスマスターコース受講のインタビュー!

プロの歌手としての葛藤、高音の悩み、マインド面の不安、日本のボイトレ事情やリベルティング発声法まで、普段私たちが知り得ない業界の情報なども赤裸々に話してくれました!

高音に悩む方、ベルティングに興味がある方、ミュージカルの世界を目指している方はぜひ最後まで読んでみてください。


あなたの高音の悩みを解決する糸口が必ず見つかるはずです!

Q;ワンボイスマスターコースを受講して良かったですか?

–女優M
それはそれは良かったです。

Q;数あるボイストレーニングの中でワンボイス受講を決めた理由は何ですか?

—-女優M
なんかボーッとインスタ見てたらたまたまChico先生の記事にヒットして

色々見てた中で先生が歌っている動画を見て
まず何より先生の声がすごく好きだし

なんて楽々と
でもエナジーのある歌を歌う人なんだろう
って思えたのが大前提としてあります。

(口が悪くて申し訳ないですが、そもそも、声はいいのかもしれないけど、人の心揺らせないような方や、教えるのは上手なのかもしれないけど、歌がそんなに上手くない人に教わりたくなかった)

(業界の権威のある方々でも正直そういう方沢山いて…なんか、なんだかな…と日頃感じていた)

そして、何より日々自分が感じていた、
「声とマインドは必ずセットであること」をこの方はすごく重要視してるっぽいぞ?!

しかも「それがただの精神論じゃなく、その事について理論や経験をもとに立体的に説明できそうな方っぽいぞ?!」

というところをみて一気に気なるようになり、今まで自分が歌をやってきた中で、「感覚では分かりかけてたけど明確に解明できなかった部分」がクリアーになるかもしれない!

ついに高音の悩みが解決するかもしれない!!と、どんどん“受講したい脳”が加速していきました。

1〜2ヶ月はSNSをみて、Chico先生のレッスンやってみたいなーって、外から眺めているだけの日々でした。

受講料がそれなりの金額するので、さすがにSNSだけみて勢いで行っていいものか、迷っていました。

あと、ちょうどその時期は、まとまってお金を使ったらまずい時期だったので、静かにしていたほうが無難だなっていうのもあり。。。

すごい内容のワークショプ

そうこうしているうちに、Chico先生が日本でベルティングワークショップ開催をすると聞き、そこで生の先生の波動というか、エネルギーを感じてみて、

相性が本当に良さそうか考えたいなというのと、何か少しでも得るものがあったらいいなと思って参加しました。

ワークショップに参加した時に、先生自体が素敵な方だというのはすぐにわかったのですが

やっぱり一回の短い時間のWSじゃ歌に関しては、本当に玄関のドア開けたところしか見えないから、正直そこまで分からんな…と思ったのと

WS参加者はワンボイスマスターコースが割引価格だったのも背中を押して(笑)

これはもう騙されたと思って(←失礼。笑)
やってみるか!!と勢いづいて申し込みました。

ちなみに、ワークショップはワンボイスを終えた今、内容を振り返ると「あぁ〜!そういうことね〜!!」とスッキリする事ばかりなのと

あの時これは入り口しか見えてないと思っていたら、その逆で、コースの中身の全てを全部出ししていたすごい内容だった事がわかります。笑

あんなに教えちゃってて良かったんですか?
え?!丸裸だったじゃない?!っていう内容。笑

この一周回る感覚、ワンボイスを受けた人にしか分かんないだろうなぁ、、。

コースやあのWSを振り返ると、コース受講を迷ってた頃の自分に、改めて「“ワンボイスマスターコース受講”を選んでくれてありがとう」と言いたいですね。

単発レッスンで継続していくのもいいけど
やっぱり「コースが偉大だな」としみじみ感じるのです。

Q;ワンボイスマスターコースを受ける前はどんな悩みがありましたか?

  • ベルトで高音が出ない。
  • 出たとして、張り上げでしかない。
  • 高音の地声の自分の声が好きじゃない。
  • 地声と裏声の境目がくっきりしている。

Q;コース受講後その悩みはどのように変わりましたか?

え、そりゃぁ、もう、全て解決ですよ!
必要な道具は全ていただきました。

もちろんまだ使いこなせてなくて
至らない所もありますが
それは自分のこれからの問題であって
必要な道具は揃ったという意味で全て解決です。

Q;過去にボイストレーニングを受けたことはありますか?その時とワンボイスの違いは?

きちんと歌を習い始めて17年。
部活の合唱入れたら20年。
それはそれはいろんな先生10〜15人位は歌の先生にレッスンしていただいた事あります。

自分もそれなりに業界のど真ん中にいるので、そういった現場に関わるようなレベルの先生方に、色んな事を教えていただきました。

玄人だからわかるとんでもないメソッド

1番違うのはコースがある事
→あんまりそういうの見た事なかった

個人レッスンとグループレッスンのいいとこ取りハイブリッドレッスンな事
→普段自分が教えで個人もグループもやっていて、どっちもに良いところがあるのを感じているのですごく良かった!

で、その発声開発の手順が、本当に本当に本当に!!よく練られていて、

これは玄人であればあるほど分かる、とんでもないメソッドだという事。
それはコースならではの体感だと思う。


だからコースを強くお勧めする。

→とにかく受ければ分かる。

今必要な、今求めていることへの答えが、毎レッスン“今”ちゃんと的確に返ってくることです。
→これ、教え業をする者として1番当たり前な様で、実は出来る先生少ない様に感じる。

うまく文章に出来ないのがもどかしいですが
17年間、あらゆる一流と呼ばれる先生に習ってきたからこそ分かる。

一言にすると、このメソッドは
と ん で も ねぇ !!!!
っす。

Q;<マインド面>精神的にどんな変化や出来事がありましたか?

「高音の地声=大変なもの」
まずはこれが全くの逆の境地にたどり着くべきで

それは空想の世界、選ばれた才能のある人たちだけが分かり合える世界なんじゃなくて、

本当に本当にそういう楽な場所があると分かり、高音に対する心と身体の構え方が確実に変わりました

あとは、今までは練習する中で「私はなんで出来ないんだろう」とか「やっぱり私ってダメなのかな」って言葉が浮かびがちだったのが

「たった今、出来てないように見えてるかもしれないけど、君は今、あの楽々の境地に“達しようとしつつある”だけの事よね」っていう思考になれる。

よくあるそういうキラキラポジティブ思考☆みたいになっていくんじゃくて、それがシンプルに事実だと明確に信じられる地に足のついた感覚。

そうすると、今まで長年下手くそで頑張ってきた自分も、ダメな子や落ちこぼれではなく真の解放を得る道の途中でしかなくて、

自分の人生を一本の映画かなんかにした時に、こんなストーリーで歩んできた自分愛おしいなって。

悩んでた時間が長ければ長いほど、むしろ劇的なストーリーとして最高じゃんって思える様になりました。

Q;コースの過程で「人生が好転した、人生が変わった」など言われる生徒さんが多いのですが、あなたにもそんな変化はありましたか?

今、終了直後で具体的にこんな奇跡起きました!!
みたいなものはないですが
ザッと見積もって2年後には
「あの時!!私の人生の転機だった!!」
と周りの人に饒舌に語っている自分はすごく浮かんでます。

Q;コース受講中に心に残ったことはありますか?

「あなたが売れようが売れまいが、あなた自身の価値は1ミリも変わらず素敵だ」
という言葉。

頭では全然分かってたつもりだし、自分は生徒にそういう言葉をよくかけているのに、先生からその言葉をかけていただいた事で肩の荷がいきなり降りた感じがありました。

普段他人と競ったりする事は一切ないんですが、(自分に)負けず嫌いな性格と、少しでもクオリティの高い舞台をしたいと追い求めているうちに

自分で言うのもアレですが、自然と歌劇団に入った時からずっと成績優秀で、“何でもできる人”になってました。

そのイメージが周りに刷り込まれてしまっていて、失敗しないのは当たり前な上で毎回その周りの期待「Mさんならこれぐらいはやるよね!」の斜め上を出したい自分がいて

その意気込み自体は良いと思うんですが、いつの間にか、与えていただいた物を斜め上のクオリティで仕上げる心構えで真摯に取り組めば良いだけなのに

本質の意味がすり替わっていって、世間的に見てもいわゆる「成功」みたいな結果も残していかなきゃいけない、という自分への縛りが出来ていたんだと思いました。


で、売れようが売れまいが、私は世界で1人の私なんだと改めて自覚できた途端、

じゃあもうこのままで十分幸せだからいいや!って収まっちゃうかと思いきや逆で

どうなっても私は私で価値は変わらないなら、今までだったらチャレンジするのもおこがましいと思っていた様な、でっかい魚を獲りにいってまんまと失敗して獲り逃してもよし!


でもそこから大いに学んで!!
やってるうちにどれかはヒットして
すごい成功を掴んじゃう事もあっても良いじゃん!!!


って、逆に外へ外へ飛び出していく勇気を手にできた気持ちになりました。

よくもまぁ、こんなにでっかいプレッシャー抱えて、あんた1人で肩肘張って
頑張ってやってきたね、と初めて本当の意味でポンポンと肩を叩いてやりたい気持ちになれました。

Q;コース中辛かったことはありますか?

辛かったには入りませんが、最初の2ヶ月、地声の声帯閉鎖力が備わるまでが大変でした。

なんせ20年の染み込みは潜在意識レベルで色々あるでしょうから、そこが顔出したがってる中で、どんどん新しい感覚をぶっ込んでいく事に慣れていく作業が。

とはいえ、
リベルティング発声法では
音の住所は下〜上ではなく前〜後ろ。

これが最初に書き換わったその初回で
70%ぐらい世界が変わりましたけどね!
いやはや恐るべしワンボイス。

Q;オンラインでのレッスンに違和感はありましたか?

やってみたら、全〜然大丈夫なもんですね。
「レッスンは対面」以外の発想がなかったので、これも常識が変わりましたね。

ただやっぱり1回は対面やりたかったです。
これはコロナだったから、本来なら組み込まれてるので全く問題ない話なんですが。

(注;ワンボイス7期生はコロナの影響で2回の対面をオンラインに振り替えました)

音量の感覚?周りの空間への響き?
あと、機械では拾いきれない周波数みたいなものが、iPadのスピーカーだと微妙なところは潰れちゃうので、生の空気感じたかったです。

Q;ワンボイスマスターコースの満足度を教えてください。(1~10)
10ですね。
上に書いてきたことが全てです。

Q;ワンボイスを終えてこれからのあなたの課題や目標は何ですか?

ワンボイスをやって人は、
この学びを得て世間に様々な形で
貢献する義務があると思います。

1番は、やりたかった作品に出演したり、今まで以上に歌で責任のある役割を任せていただける様になることが目標ですが

それは小さい時からずっと変わらない、自分が舞台に立つこと(歌うこと)で「1人でも多くの人の心に灯りをともしたい」という願いをよりパワフルに叶えていく為に、です。

↑これは、いわゆる目標ですが、
身近な事で言えば、
前よりも自分を好きになれたので、今まで以上に日々ご機嫌で過ごすことで、周りに心地の良い空気を生み出すことができる。

これだって立派な貢献だと思うので、まとめるとワンボイスでの気づきを経て、より周りに良い影響を与える人としての自覚をもって生きていきたいです。

Q;最後にChicoへのメッセージがあれば聞かせてください。

なんか、もう、
何書いて良いかわかりません。笑

とにかく、とにかく、
ありがとうございました。

先日もお伝えしましたが、やっとスタートラインに立ったんだと思います。


さて、これを使ってここからどうするか。アフターワンボイスの世界をどう渡っていくのか。その自分の生き様で、先生に恩返しできたらと思います。

Chico先生が、大変に人間らしい先生で
だからついていけたんだと思います。

自分の立場から言うのも変なんですが、
この人も本当に大変で、、いっっっろんなことあったんだな、本当に本当心底信念と愛を持って、なんとかなんとかここまで来たんだな

魔法や奇跡があったんじゃなくて
自分を見つめまくって、
自分でもがいて、
探求してきた先の今なんだな。

それを感じるからこそ、私もこれだけお金を出したんだし、この先生がきっと何とかしてくれるという依存とか、何か奇跡を待つんじゃなくて、自分で探していけたと思います。

そしたら何と、奇跡は起きていて
後ろパッと振り返ったら
高音の世界はガラリと変わっていた!んだと思います。

この全ての物語は、
シャケに抱かれていた中で起きていた事ですが、シャケ=Pでもあったというわけですね?
(ワンボイス哲学シャケの話より)

何度も言いますが、
これは私の様に(笑)
本当にちゃんとやってきた人ほど
受けて欲しいメソッドです。

ここまで練り上げてくださった先生に感謝とリスペクトの気持ちでいっぱいです。

引き続き、パフォーマンスコースという事で、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


本当にありがとうございました。

ワンボイスマスターコース7期生
ミュージカル女優M

生徒さんの声をもっと読む↓
https://rebelting.com/impressions-belting-lessons/